2010年02月25日

にきびに効く薬とは

にきびに効く飲み薬には、抗生物質と漢方薬とに分けられます。
漢方薬には、主に体質改善をすることが目的で飲まれることが多いです。
漢方には、市販のものと皮膚科で出されるものがあります。
市販のものであれば、ツムラや小太郎(コタロー)にきび漢方薬など。
コタローにきび漢方薬には、清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)が含まれています。
清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)は、にきびの化膿を沈める効果があります。
自己判断で漢方薬を飲むよりかは、皮膚科や病院等でにきびに効く漢方を処方してもらったほうが近道です。
抗生物質には、皮脂を抑える「メサモルン-F」、にきびの炎症の原因を沈める薬「ミノマイシン」、にきびの化膿を防ぐ「マクライド系」の抗生物質があります。
抗生物質自体の副作用はそれほどありません。
しかし、にきびに短期間効果がありますが、長期間におよんで服用すると耐性菌が生じてしまうので、長期にわたって服用することはおすすめできません。
抗生物質のみに頼るのではなく、日ごろ、角質やコメドなどを取り除くスキンケアと併用しながら、急なイベントが発生したときなどに、頓服薬として服用するのが効果的です。
にきびに効く薬・大阪・東京・名古屋の皮膚科については「にきびの治療とケア」をどうぞ
にきびの治療とケア

ニックネーム にきびが治った at 12:03| Comment(8) | TrackBack(117) | にきびに効く薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

にきびに効く抗生物質

抗生物質には、にきびのコメドが進行するのを防ぎます。
抗生物質でのにきびは、3つの目的に分けられます。
皮脂を抑制、炎症の原因になる物質を抑える、にきびの化膿を防ぐ。
にきびの炎症の原因となる物質を抑える薬が「ミノマイシン」。
皮膚科でもよく処方されるかと思います。
しかし、副作用があって、子供や赤ちゃんが服用すると、歯が色素沈着を起こしてしまいます。
そしてカルシウムなどのミネラルを同時にとると、薬の吸収がさまたげられます。
妊娠に気づいていない女性は特に注意が必要です。
にきびに効く薬・大阪・東京・名古屋の皮膚科については「にきびの治療とケア」をどうぞ
にきびの治療とケア

ニックネーム にきびが治った at 07:01| Comment(0) | TrackBack(8) | にきびに効く薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

にきびに効く漢方薬

にきびを治すには、漢方薬で治療する方法もあります。
市販の薬では、ツムラや小太郎(コタロー)にきび漢方薬などがあります。
皮膚科でもにきびに効く漢方薬とビタミンBやビタミンC配合の抗生物質を併用して出してくださるところもあります。
にきびを治す漢方には、体質を改善する働きがあります。
漢方薬には桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、桂枝茯苓丸(けいしぶりょうがん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などがあります。
にきびの化膿を沈めたり、にきび以外には生理が原因でホルモンバランスを崩している人にも効果がある漢方薬です。
にきびに効く薬・大阪・東京・名古屋の皮膚科については「にきびの治療とケア」をどうぞ
にきびの治療とケア

ニックネーム にきびが治った at 12:41| Comment(1) | TrackBack(36) | にきびに効く薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする